女性と勤務形態

男性はたとえ家族がいても何の変化もなく今までどおり働くことができます。逆に家族ができると家族のために仕事を増やしたりして頑張る人も多いです。しかし、女性の場合は違います。単身のときは男性同様、どんな仕事でもフルタイム、フルシフトで勤務することができますが、家族ができると家族のことが優先になってきます。今では育児や家事に協力的に手伝う旦那さんも増えてはきましたが、子供の学校の行事やPTA活動、病院、検診など、細やかな部分であったり、人との付き合いにかかわったりする部分は母親の役目であったりするもの。そういった面から、女性は結婚し、家族ができると働く時間や環境に制限が出てくるのです。求人を出す職場でも、フルタイムで働ける人材はもちろん貴重ですが、そういった時間などに制限のある人も積極的に雇用しているところもあります。とくに美容師や看護師、介護福祉士などは人手不足で、フルタイム勤務の人材だけでは人手が足りません。そこで日勤専門や夜勤専門などのようなパートタイマーや、アルバイトのような自由に時間を調整できる人材を求人として欲しているのです。又、訪問介護や訪問看護などのように、要請が来てから活動を始める仕事は、フルタイムで働いていても要請が来ないと仕事ができません。結婚した女性の仕事は、パートやアルバイト、派遣職員など、制限があっても調整ができる求人に人気があるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です