人生を見通した就職を

退職して一旦退いていたのに、復職するのはどのようなきっかけでしょうか。
退職理由が生活環境の変化によるものでしたら、生活環境が落ち着いたからかもしれません。
生活のリズムが整い、自分の時間をもてあまして復職する人もいます。
復職のきっかけはそれぞれですが、共通して言えることはどの場合でも、以前勤務していた時とは何かが違っているので、その違いを頭に入れて復職先を考えなくてはいけない、ということです。
一般職の場合、結婚や出産が理由で退職や休職していて復職する場合、同じ職場で同じように働くことは難しいようです。
元々職場環境が良く、残業や無理な仕事のペースが必要でなければ良いのですが、多くの復職者は以前とは別の部署への配属のが一般的です。
日本ではまだまだ女性が働きやすい環境が整っている企業が少ないのが現実です。
比較的化粧品会社など、女性が多く働く企業では改善が早くなっているようですが、同じく女性看護師が多く働く医療関係で働きやすい環境を整えている病院などは少ないようです。
また、このような環境が整っている病院などでは求人も少ないようです。やはり働きやすい環境の職場は、離れたくないので簡単に退職する人がいないのでしょう。
復職がしやすい職場に就職しておくことが、将来の人生設計において必要なのかもしれません。
若い時はこのようなことを考えることは少なく、自分の好きな仕事やしたいことを優先しがちですが、転職や就職が難しくなってきている昨今、将来を見据えた職場環境を考えておかなくてはいけません。
仕事に自分の生活が振り回されるのではなく、あくまでも主人公は自分であるということを忘れないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です